no title

1: 名無しの犯人 2010/12/03(金) 12:06:56 ID:mVFctcCU
オモシロかったらそれでよくない?

3: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 13:17:08 ID:mVFctcCU
ネタバレになるから作品名は挙げないけど
最後まで読んで後悔スレでよく後悔されてるからさー

2chってコアなファンが多いし、本格好きだったら叙述夢落ちは嫌いなのかなって

4: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 14:42:51 ID:cD2jVlsD
叙述トリックや夢落ちだから叩かれてるんじゃなく
能力のない作家が叙述や夢落ちを安易に使って駄作を書くことが多いんじゃないか?

6: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 15:11:32 ID:mVFctcCU
>>4
なるほど
まだ駄作に当たったことないからなぁ・・・

5: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 14:57:37 ID:2Q0jOIko
叙述トリックの場合、多くは隠すことで成り立ってるからね。
実はこの人女性でしたとか。

推理小説って『これですべての手がかりは明らかにされました。
あなたは事件の真相を見破れるかな?』というのが
ひとつのパターンだからね。

そういう展開が好きな人にとっては、
『実は××だったというサプライズを仕掛ける』タイプの
作品は趣味に合わないんじゃない?

叙述トリックって、隠そうとするあまり
すごいのあるからねえ。『この描写で
実は女性でしたと言われても納得できない』とか
『実は××でした? そんなの気付くわけないだろ』とか。

7: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 16:06:02 ID:D0VvWYuy
叙述トリックは一般的には叩かれないだろ
夢オチはまあ、よほど傑作でない限り叩かれるだろ

8: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 16:06:54 ID:WM70+M6a
無意味な夢落ちは叩く叩かない以前の問題だな

10: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 16:29:48 ID:mVFctcCU
なんかの小説の解説で、「叙述夢落ちなんて書いたら間違いなく批判される云々」
って書いてあって、そうなの?!って
あとは、百田尚樹のツイート見て、世の中の大半はこんなこと思ってんのかなーとかね

11: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 16:41:15 ID:WM70+M6a
叙述とかは誰もやらないときにやるからいいわけであって
誰もがやっていて、しかも作品としてヘタレだと叩かれても当然でしょう。
それは別に叙述トリックに限ったことではなくて、
「密室」だとか「孤島」だとか「鉄道」だとかと同様だと思う。

12: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 16:52:42 ID:mVFctcCU
>>11
だよね
何冊か小説読んでる中で叙述に出会ってびっくりするのが楽しいと思う

尼のレビューとか見ると、叙述の好き嫌いで評価してる人が案外多い
叙述小説を読んじゃったんだから、叙述小説としての評価をしてほしい

13: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 17:18:27 ID:YCmbAU9c
叙述トリックが出てくるものは叙述小説ですとすら書いちゃダメだろ

14: 名無しのオプ 2010/12/03(金) 17:22:07 ID:mVFctcCU
ああ、そっか、おれがバカだorz
ネタバレしないように上手く評価してってことで

15: 名無しのオプ 2010/12/04(土) 17:08:40 ID:pRtZjPgK
『ネタバレになるから伏せますがアレ系のトリックが使われていることには驚きました』
的なレビューがあるのを見て全然伏せられてないと思った

16: 名無しのオプ 2010/12/04(土) 17:26:33 ID:oNsSF2dE
トリックばらされてつまらなくなるミステリは駄作だみたいな極論もあるが
でもやっぱりねえ

17: 名無しのオプ 2010/12/04(土) 18:51:21 ID:XiId6rgM
レビューとか書き込みって難しいよな
あんなん詐欺だとか一発ネタとか言ってるからトリック分かるんだよね
まぁ、嫌なら見るなが正論なのかもしれないけど

23: 名無しのオプ 2010/12/06(月) 09:20:55 ID:/6h5CvBm
中町信とか折原一とか道尾秀介とかネタばれするまでもなく
叙述であることがその作家の前提になっているくらいに
叙述トリックばかり書く作家はすぐに糞つまらなくなるような気がする
叙述トリックに頼っていたせいでロジカルなミステリー的なトリックなんて思いつけないし、
叙述トリックもある程度パターンが出てしまうともう使えなくなるからな

25: 名無しのオプ 2010/12/11(土) 14:15:39 ID:MbzNL4G1
叙述トリックでさらに新しい試みをしようとしている麻耶とかは良いが
安易に叙述に走る(有栖のエッセイでもあったな)ような作品は叩かれるってことでとりあえずおk?

26: 名無しのオプ 2010/12/11(土) 16:06:51 ID:xybxrfVo
電子書籍の時代になったら、コンテンツにウイルスが仕込まれていて
いつのまにかネットで自分が叩かれていて、冤罪の犯人にされている
みたいな小説とか。

28: 名無しのオプ 2010/12/15(水) 17:34:43 ID:Z6gkBDdC
ウイルス入りのMO……パンドラの箱だな。

31: 名無しのオプ 2010/12/28(火) 23:02:08 ID:9yDUzn6s
叙述トリックは一発ギャグに近いから叩かれんじゃないのかねえ
有栖がエッセイで言ってたけど
叙述を使うことによって、作品にどのような効果が得られ、どのような感動が起こるのか
その点歌野の葉桜はやっぱ、良いと思う
オチまで読んだ時に新しい感動が生まれてくる

32: 名無しのオプ 2010/12/30(木) 05:59:17 ID:7Wm1wgjv
●戮なんかは効果に対する手段としての叙述トリックとしか思えない。
ミステリーとして上手くいきすぎてしまってるけど、裏表紙のホラーという紹介が正しいと思う。

34: 名無しのオプ 2011/01/16(日) 18:43:14 ID:RUC3XJ8E
>>32
全文同意で、だからおもしろいと思うんだが
同じものを食べて感じ方も一緒なのに「だから」のあとの感想が別れてしまうのな

40: 名無しのオプ 2011/02/04(金) 09:57:01 ID:ZNYI2mVJ
>>32
●戮は母親の追体験って意味で、叙述を使う理由にはなってる気がする
俺もミステリーと言うよりホラー、サイコサスペンスだと思うけど

35: 名無しのオプ 2011/01/17(月) 17:29:34 ID:cuWxxrKy
叙述トリックのやつって映像化しにくいだろうね。

37: 名無しのオプ 2011/01/18(火) 10:53:10 ID:DziHWyh+
無理矢理映画にしてそっちの方が出来が良かった(個人感想)という例もある。
書名は出さないけど。

50: 名無しのオプ 2011/05/22(日) 13:48:13.32 ID:p9D3gq1N
叙述トリックは賛否両論あるが夢オチはダメだろ
逃げとしか思えん

51: 名無しのオプ 2011/05/22(日) 21:17:01.45 ID:axSRFhd9
逆に小説世界より上位の世界がトリックになっているのはアリ?
説明しづらいけど、実は電脳世界の話で操作する人がしたとか、神のような大いなる意思のチカラだとか、結構あるよね。俺は大嫌いだけど。

52: 名無しのオプ 2011/05/23(月) 11:22:30.97 ID:paE//0uf
夢オチと同レベルだろそれ

53: 名無しのオプ 2011/05/23(月) 20:18:29.56 ID:JVI+770X
トリック以外に最後まで読ませる要素がある作品ならどんなトリックでも楽しいがな
要はどこに評価の重きを置くか

55: 名無しのオプ 2011/05/24(火) 01:11:32.82 ID:HniZBqrJ
某ホラー映画みたいな運命とか神の意思、人間以外の何かみたいなものが存在していて
そういったものを利用するとか抵抗するとかでロジックとして組み込める土台が最初から明かされてれば別に気にならないな
むかつくのは解決間際になって実は今まで起こった不思議な出来事は全て神の意思なのです、みたいなパターン
犯人は物語の当初に登場してなきゃだめってのと通じるかも
特殊な設定は早めに明かして欲しい

ああでもやっぱ
構成と文章が上手くて面白けりゃ夢オチだろうが上位世界だろうが何でもいいやゴメン

56: 名無しのオプ 2011/05/24(火) 06:55:07.29 ID:uhCtp0YN
シャマランの映画を真っ先に思い浮かべた

57: 名無しのオプ 2011/05/24(火) 13:20:19.12 ID:p62u4HTb
シャマランは、ミステリーとしては稚拙かもしれないが
一応伏線張ってるから許容範囲

62: 名無しのオプ 2011/10/09(日) 17:13:02.34 ID:j23jvU3V
昨日、古畑任三郎の松嶋菜々子のやつ見たんだけど、
あれは叙述トリックに対するアンチテーゼだな。

63: 名無しのオプ 2011/10/10(月) 09:30:57.03 ID:GqjdIhDb
再読に堪えないからだろ。
一回読んでトリックやオチや犯人が分ってても
二回三回読んで結構楽しめるミステリーが多いけど
夢オチは論外だと思うが叙述も結局一発トリックだから
トリック抜きによっぽど小説部分のできが良くないと二回目は読む気にならん。

64: 名無しのオプ 2011/10/10(月) 20:05:11.80 ID:rCcGGMkB
そうかな
俺はむしろ叙述トリックものの方が
確認作業で読み直すことが多いけど

69: 名無しのオプ 2011/10/28(金) 22:59:46.35 ID:2GG9pCSg
美少女かと思ってたらオッサンでした = 悪い叙述トリック
オッサンかと思ってたら美少女でした = 良い叙述トリック

70: 名無しのオプ 2011/10/29(土) 05:44:19.11 ID:Dr8CDtFf
>>69
メル欄ですね分かります

73: 名無しのオプ 2011/10/31(月) 13:40:47.03 ID:gD5PNKjD
>>70の目欄とか伏線ばりばり張ってあるから
慣れた人間なら用意に真相の推測可能じゃん
あくまで推理じゃなくて推測だけど
がちがちのパズラーだろうと本気で推理するやつの方が少数派だろう

74: 名無しのオプ 2012/04/28(土) 21:47:48.23 ID:YZhPP2m0
実は女性でしたってのが登場人物の誰にでもわかるはずなのに、
不自然に隠していたりすると不満を持たれがちになるんじゃないかな

文章読んで映像を思い浮かべる自分みたいなタイプはそう
一人称でも神の視点カメラで映画のように映像イメージ作ったりするから

76: 名無しのオプ 2012/05/06(日) 17:10:50.14 ID:YHBmZkIG
まさか犬が犯人とは

86: 名無しのオプ 2012/07/09(月) 22:42:31.54 ID:v7kYbG5N
トランスセクシャルは個人的に禁じ手だと思う
性別錯誤の壁である一人称や言葉遣いの問題を余裕でクリアーだもの
酷いのになると、他の登場人物までもが、性同一性障害女のことを地の文で「彼」とか言っちゃってるし

87: 名無しのオプ 2012/07/11(水) 05:31:17.33 ID:YXZLrj6t
もう一度読まないとようわからんような叙述は、ダメだね。
最後にあーそうだったのかで終わる叙述じゃないとな。

88: 名無しのオプ 2012/07/15(日) 00:33:59.56 ID:v3rm5k4+
>>87
スタイルによりけりだな

分かった後にディテール読みかえすとここもダブルミーニング、ここもうまくつながってる、
みたいなのは再読してこそ価値があると思うし
目先の大味などんでん返しだけ見てたら再読とか関係ないだろうけど

93: 名無しのオプ 2012/08/30(木) 01:17:44.40 ID:gGle0Zgk
とある叙述系の作品を読んだのだが、
終始「読者が自力で真相を見抜くのはほぼ不可能」な記述に徹していた
決してアンフェアという訳ではないけれど、これはこれで逆に失敗作だと思う

101: 名無しのオプ 2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:/tvLAgaK
叙述トリックは推理の材料ではなくただ伏線をはるだけってのが多く感じる
アガサの有名作品はただ伏せてるだけで犯人の推測ができないこともないが、
このスレでも挙げられてる男女入れかえのやつは別にどっちでも問題はないからな

109: 名無しのオプ 2014/07/29(火) 21:23:59.53 ID:9s7D/rGo
一番ひどいのはみんなグルで口裏を合わせていたこと
設定が全部嘘で推理が難しくなる

そして誰もいなくなった [ アガサ・クリスティ- ]

価格:1,944円
(2018/11/10 00:20時点)

引用元: http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/mystery/1291345616/